訂正箇所を1個ずつ書くと見づらくなってしまうので、記事全体を読みやすい様に書き直しました。